小児歯科

当院の小児歯科の特徴

まずは歯医者さんに慣れてもらうところから

まずは歯医者さんに慣れてもらうところから当院では、お子さまの目線に立った治療を心がけております。

信頼関係が何よりも大切なため、まずは歯科医院に慣れていただくことから始めます。また、たくさん褒めて自信をつけていただくことも大切です。

キッズスペース完備

キッズスペース当院はキッズスペース完備ですので、お子さまを預けていただくことで治療に専念できるようになります。

もちろん、お子さまの治療にお越しいただいた際の待ち時間にご利用いただくことも可能です。

年齢別のポイント

生後半年前後

生後半年前後上下の前歯とその両脇の乳歯が順に生えてくるので、離乳食を食べた後はガーゼなどでやさしく拭きとってください。

また、低濃度のフッ素塗布を受けていただくことで、むし歯のリスクを抑えられます。

1歳6か月

1歳6か月16本の乳歯が生えており、本数が少ない頃よりもむし歯のリスクが高まるため、定期健診を受けていただくことをおすすめします。また、フッ素塗布も前向きにご検討ください。

3歳前後

3歳前後20本の乳歯が生え揃います。この時期のお口の中の状態次第で、永久歯になってからのむし歯リスクが決まるといっても過言ではありません。

どれだけ丁寧に磨けていても親御さまが仕上げ磨きをしていただき、むし歯リスクの軽減を心がけてください。また、歯科医院で歯並びや噛み合わせのチェックを行い、将来的な矯正治療の必要性なども確認いただくことをおすすめします。

6歳前後

6歳前後乳歯の奥歯の後ろから最初の永久歯が生え始めます。この歯は溝が深くて食べカスが詰まりやすいため、むし歯リスクが高いことが特徴です。

そのため、濃度が高めのフッ素塗布やシーラントなどの処置を受けることをおすすめします。

小児歯科メニュー

ブラッシング指導

お子さまのむし歯リスクを抑えるには、日々の歯磨きが欠かせません。

それも、すみずみまで丁寧に磨けていなければ、十分な予防効果は得られないのです。歯磨きの質を高めるために、ブラッシング指導を受けていただくことおすすめします。

フッ素塗布

フッ素には、歯の再石灰化を促したり歯質を強化したりする作用があります。歯科医院で行うフッ素塗布は、フッ素入り歯磨き粉よりも高い効果が期待できます。

フッ素の効果を持続させるために、3~4ヶ月に1回のペースで受けていただくことが大切です。

シーラント

シーラントシーラントは、奥歯の溝に白いプラスチックを流し込み、溝を埋める処置です。

乳歯は永久歯よりも柔らかくて溝が深いため、むし歯リスクが特に高いとされています。事前にシーラントで埋めてしまえば、むし歯のリスクを減らせます。

小児矯正

小児矯正歯並びの問題を放置すると、顎の成長に支障をきたし、顔の形に影響が及ぶ場合があります。

上下の顎の位置がずれると、上顎や下顎が前に出すぎてしまい、お子さまのコンプレックスの原因になる場合もあるでしょう。小児矯正では、顎の成長をコントロールしながら、将来的に歯並びが整うように促します。

矯正治療で顎を適切な位置に誘導することで、将来的に歯がきれいに並ぶようになるため、お子さまの歯並びに不安がある方はお早めにご相談ください。

妊婦の方へ

生まれる前から、できることがあります

生まれる前から、できることがありますむし歯予防は、赤ちゃんが生まれる前に行えます。妊娠から出産、育児に追われるまでの数年は、口の中に虫歯菌が増えやすくなります。

妊娠中はつわりによる食事への影響や、吐き気による歯磨き不足、出産後は育児に追われることによるオーラルケアにまで手が回らなくなることが原因です。 虫歯菌が多い状態でお子さまとスプーンやフォークを共有するようなことがあれば、虫歯菌をうつしてしまいます。お子さまとのスキンシップの課程で虫歯菌がうつる場合もあります。

お子さまに虫歯菌をうつさないためにも、日々の歯磨きだけではなく定期健診や歯のクリーニング、ブラッシング指導などで万全に対策していただくことをおすすめします。

一番上に戻る
0567-65-2500 Web予約 マウスピース矯正(インビザライン)専門サイトマウスピース矯正(インビザライン)専門サイト インプラント専門サイトインプラント専門サイト
  • ブログブログ
  • インプラント専門サイトインプラント専門サイト
  • マウスピース矯正専門サイトマウスピース矯正専門サイト