セラミック治療・ホワイトニング

セラミック治療とは?

セラミック治療とは?セラミック治療とは、歯の美しさと機能性の両方を同時に高め、歯の見た目や機能の悩みを解消する治療法です。

歯の色や歯並びは、人の印象を大きく左右する要素です。また、口元にコンプレックスがあると、人前で話したり食事をとったりすることに不安を感じ、日常生活に支障をきたす場合があります。

セラミック治療で口元に自信を取り戻していただくと同時に歯の機能を補うことで、健やかで明るい日々へと導けるようサポートいたします。

当院がセラミック治療をおすすめする理由

当院がセラミック治療をおすすめする理由当院がセラミック治療をおすすめする理由は、美しい口元へ導けることだけではありません。歯の変形やひび割れを防げることも理由の1つです。

歯は、食事のときに上下の歯が噛み合うことで「たわみ」が生じ、ひび割れが起こりやすくなります。 従来の金属は歯よりも硬いため、「たわみ」に対応できません。セラミックなら歯に近い硬さを持つため、結果的にひび割れしにくくなるのです。

当院では、セラミックを用いて患者様の歯がなるべく長持ちするように繊細な治療を行っております。

実は怖い!銀歯のデメリット

実は怖い!銀歯のデメリット銀歯は保険診療で費用が安く済む治療法ですが、口を開けたときに目立ってしまうため、口元に自信を失う原因と言えます。

また、銀歯で使用されることが多い金銀パラジウム合金には、次のようなデメリットもあります。

歯科用金属アレルギー

銀歯の金属は唾液によってイオン化して溶け出し、体内に取り込まれてタンパク質と結合することでアレルギーを引き起こします。

金や銀に対するアレルギーを持つ方は、金銀パラジウム合金の銀歯を使用した際にもアレルギーが起こる可能性があります。

ブラックライン

銀歯や金属製のフレームの差し歯を使用すると、溶け出した金属イオンが歯茎に沈着することで、黒っぽい線が現れる場合があります。

歯茎が痩せて歯根が露出すると、さらに目立ってしまうため、外から見えやすい前歯などには避けた方がよいでしょう。

二次カリエス

二次カリエスとは、むし歯治療を行った歯が再びむし歯になることです。

銀歯の劣化によって歯と銀歯の間に隙間が生じ、そこにむし歯ができます。

セラミック治療のメリット

身体に優しいメタルフリーな素材

身体に優しいメタルフリーな素材セラミック治療では、金属を一切使用しません。

陶器と同じ素材のセラミックなら、金属アレルギーの心配なく治療を受けていただけます。

治療跡が目立ちにくい

セラミック治療のメリットセラミックは白さと透明感をあわせ持つ素材のため、歯の自然な色を再現できます。

周りの歯の色となじむことで、治療跡が目立ちません。

むし歯が再発しにくい

むし歯が再発しにくいセラミックは表面がつるつるしているため、歯垢や歯石などの汚れが付着しにくく、むし歯になりにくい傾向があります。

また、経年劣化による変形の心配がないため、詰め物や被せ物と歯の間にすき歯ができにくいのです。

透明感のある自然な白さを維持できる

透明感のある自然な白さを維持できるセラミックはプラスチック製の詰め物や被せ物とは異なり、変色しにくい素材です。

また、硬度も高いので、少しの衝撃では割れません。このように、透明感のある自然な白い歯を長く維持できることは大きなメリットです。

ブラックラインが生じない

ブラックラインが生じないセラミックは腐食しない素材のため、金属アレルギーや歯肉の黒ずみが起こる心配がありません。

当院のセラミック治療の特徴

マイクロスコープを使用した、精密審美治療

マイクロスコープを使用した、精密審美治療どれだけセラミックが優秀な素材でも、歯と詰め物・被せ物との間に隙間があると、そこにむし歯が再発する可能性があります。そこで当院では、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用して精密なセラミック治療を行っております。

マイクロスコープは肉眼では確認できない小さな部分まで拡大して視認できるため、歯と詰め物・被せ物の間に隙間を生じさせない精密なセラミック治療を実現できるのです。

身体の機能回復を目的とした治療

当院では、歯の見た目だけではなく、機能面も回復させる治療を行っております。

歯並びの乱れや歯の変色には、必ず原因があります。その原因を改善しない限り、何度でも審美面に問題が起こるでしょう。当院では、お悩みの原因を突き止めて、身体の機能を回復させる治療を行っております。

患者様お一人おひとりのお口の中の状態に合った治療だけではなく、歯の健康を守るための具体的なアドバイスもしておりますので、どのようなことでもお気軽にご相談ください。

技工士もマイクロスコープを使用しています

技工士もマイクロスコープを使用しています詰め物や被せ物は、歯科技工士が作製します。

当院では、マイクロスコープを使用して精密な詰め物・被せ物を作れる信頼性が高い歯科技工士を厳選しております。また、担当の歯科技工士が治療に立ち会い、顔のバランスや歯の色・形を確認するとともに、患者さまのご希望を直接お伺いするため、満足度が高い詰め物・被せ物を作製できます。

詰め物・被せ物の種類

セラミック素材

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミックジルコニアは人工ダイヤの一種で、セラミック治療に使用します。

人造ダイヤのキュービックジルコニアと酷似した成分を持ち、別の白い素材にセラミックを焼き付けたものです。耐久性と審美性をかね揃えているため、ブリッジにも適用できます。

金属を使用した素材

※ゴールドは金属アレルギーの方でも使用可能です。

メタルボンド

メタルボンド耐久性が高く、歯と適合しやすい素材です。金属の冠にセラミックを焼き付けたもので、セラミック治療で最も多く使用されます。

色を歯の色に合わせることで、自然な色合いを再現できます。ただし、メタルボンドは歯茎が痩せてくると歯と歯茎の間にブラックラインが出る場合があります。

また、裏側は金属のため、金属アレルギーの方は使用できません。

ゴールド

ゴールドゴールドは金属アレルギーの方でも使用できる素材で、変色のしにくさや耐久性などに優れています。

銀歯と同じく口を開けたときに目立ちますが、機能面だけに注目するとゴールドも選択肢の1つとなるでしょう。

ホワイトニング

ホワイトニングホワイトニングは、歯の表面に薬剤を塗り、特殊な光をあてて歯を白くする方法です。

使用する光は歯と歯茎に優しいため、大きな心配はありません。歯は、コーヒーやお茶などの飲食、たばこのヤニなどで着色するほか、加齢が原因で黄ばむことがあります。ホワイトニングは、歯を漂白することで白い歯へ導く方法のため、歯のクリーニングや歯磨きでは落ちなかった着色汚れも解消できます。

ホワイトニングには、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあります。いずれも保険適用外ですが、それを上回るメリットがあるため、歯の色が気になる方は検討してみてはいかがでしょうか。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングオフィスホワイトニングは、歯科医院で歯科医師や歯科衛生士が行うホワイトニングです。

歯科医院でなければ使用できない薬剤を歯に塗り、特殊な光をあてて歯を白くします。

オフィスホワイトニングのメリット・デメリット

メリットは、歯を白くする力が強く、短期間の施術で希望の白さにできることです。また、すべて歯科医師や歯科衛生士が行うため、安心してお任せいただけます。

デメリットは、ホームホワイトニングと比べて色が後戻りしやすいことです。定期的に施術を受けなければ、元の色に戻ってしまいます。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングホームホワイトニングは、ホワイトニング専用のマウスピースに薬剤を入れ、指定の時間だけ装着して歯を白くする方法です。

1週間程度で効果が現れ、薬剤が切れないうちは歯科医院を受診する必要はありません。

オフィスホワイトニングのメリット・デメリット

メリットは、オフィスホワイトニングと比べて費用安く、痛みが起こりにくいことです。

デメリットは、効果が現れるまでに時間がかかることと、自分で装着時間を管理する必要があることでしょう。ただし、自己管理が得意な方でしたら、装着時間の管理はデメリットに感じないかもしれません。

一番上に戻る
0567-65-2500 Web予約 マウスピース矯正(インビザライン)専門サイトマウスピース矯正(インビザライン)専門サイト インプラント専門サイトインプラント専門サイト
  • ブログブログ
  • インプラント専門サイトインプラント専門サイト
  • マウスピース矯正専門サイトマウスピース矯正専門サイト